自閉症の自傷行為の原因と対策

Teddy Bear Plush Stuffed Animal  - aKasakow / Pixabay 原因
aKasakow / Pixabay

子どもの自傷行為に悩んでいる、原因と対策をしりたい!

というかた向けに記事を書いています。

スポンサーリンク

自傷行為とは

自傷行為とは、自分で自分を傷つける行為のことをいいます。

一般的には、頭を叩く、手を噛む、過度の自己摩擦や引っかき傷などがあります。

不安やストレスへの反応として、

または自分の感情を伝えることが非常に難しいと感じたために

自傷行為をすることがあります

以下はアメリカの記事から引用しています。

自傷行為の原因 

研究では、特定の神経伝達物質のレベルが自傷行為に関連しています。

ベータエンドルフィンは脳内の内因性アヘン剤様物質であり、

自傷行為はエンドルフィンの産生および/または放出を増加させる可能性があります。

その結果、麻酔のような効果を経験し、表面上、彼/彼女は痛みを感じません。

さらに、エンドルフィンの放出は、個人に陶酔感を与える可能性があります。

この説明の裏付けは、オピエート受容体部位での結合を遮断する薬物(例えば、ナルトレキソンおよびナロキソン)が自傷行為を減らすことができるという研究から来ています(Herman et 1989)。

動物実験に関する研究や、ヒトへの薬物投与に関する研究は、

セロトニンが少ないことと、ドーパミンの増加が自傷行為に関連していることを示しています(DiChiara et al。、1971; Mueller&Nyhan、1982)。

精神薄弱者の集団に関する研究で、Greenberg and Coleman(1976)は、セロトニンレベルを下げるレセルピンやクロルプロマジンなどの薬物を投与しました。

それにより、攻撃的行動と自己攻撃的行動の両方の劇的な増加を観察しました。

アンフェタミンやアポモルヒネなどのドーパミンレベルを上昇させる薬物は、自傷行為を増加することが示されています(Mueller&Nyhan、1982; Mueller et al。、1982)。

興味深いことに、Coleman(1994)は、カルシウムのレベルが低い(低カルシウム尿症)自閉症の子供たちのグループを研究しました。

カルシウムが低下するとしばしば目を突く行動を示しました。

カルシウムサプリメントを投与すると、目を突くことが大幅に減少しました。さらに、言語機能が改善されました。

自傷行為への対策

自傷行為の対策として、栄養的および医学的介入を実施することができます。

これにより、深刻な動作が軽減される可能性があります。

薬物はセロトニンレベルを上げたりドーパミンレベルを下げたりするためによく使われますが、

サンディエゴの自閉症研究所は息子/娘に

ビタミンB6

カルシウム

DMG

を与えた何千人もの親から報告を受けています。

自傷行為のかなり劇的な減少、そして場合によっては排除を観察しました。

両親はまた、子どもをグルテン/カゼインを含まない食事などの制限された食事に変えた直後、または子どもがアレルギー反応の兆候を示した特定の食品を取り除いた直後に、

深刻な行動の問題が軽減したと報告しています

こちらの記事も参考に

【初心者向け】自閉症改善方法

発作が関係している

自傷行為は、前頭葉と側頭葉の発作にも関連しています(Gedye、1989; Gedye、1992)。

発作活動に関連することが多い行動には、

ヘッドバンギング、

耳や頭を叩く、

手で噛む、

あごを打つ、

顔や腕を引っ掻く、

場合によっては膝と顔を接触させるなどがあります。

この行動は非自発的であるため、何らかの形の自制を求めます(たとえば、腕を縛るなど)。

発作は、おそらく体のホルモンの変化が原因で、

子どもが思春期に達したときに始まるか、より目立ちます

発作によって引き起こされる自傷行為は非自発的であるため、

人の行動と環境との関係を観察できない場合があります。

しかし、ストレスは発作を引き起こす可能性があるため、環境内のストレッサーと自傷行為との間に関係がある可能性があります。

これには、過度の身体的刺激(例、照明、騒音)および/または社会的刺激(例、叱責、要求)が含まれる場合があります。

食品も発作を誘発する可能性があります。

思春期に行動が始まったり悪化したりした場合は、発作活動の可能性も考慮することができます。

発作が疑われる場合は、脳波をとることをお勧めします

観察し、原因のランク付けをする

自傷行為をする理由はさまざまであることを理解することが重要です。

○自分のニーズを伝えることができず、自分が望むものを手に入れられないとき

○過去の強いストレス

○現在の強いストレス

など、観察して、自傷行動の考えられる理由を、

最も可能性の高いものから最も可能性の低いものの順にランク付けする必要があります

多くの成人は、若いときに嫌悪感を受けたために、長期的な心的外傷後ストレスを経験しました。

行動を注意深く調べることにより、適切な介入に関して合理的な推論を行うことができます。

この戦略は、「試行錯誤」に頼るよりもはるかに優れています。

最後に、この行動を理解して治療しようとするときは、

前向きな見通しを持つことが重要です。

自傷行為は、ほとんどの状況で制御することができるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました